年金の繰上げ繰下げ支給|FP1級Wiki

国民年金・厚生年金の繰り上げや繰り下げの問題で、重要なところは、繰り上げ率と繰り下げ率、それぞれの最大期間。
そして、どこまでが対象なのか。加給年金は?付加年金は?この辺が出題されやすいので注意していきましょう。

老齢基礎年金(1階部分)の繰上げ支給

本来の年金受給年齢は65歳ですが、60歳まで前倒しで受給できます。付加年金も同様です。

  • 繰上げは最大5年月単位で希望できる。
  • 繰上げ支給は1ヶ月あたり0.4%減額される。

つまり年金受給年額が1年あたり4.8%。最大5年で24%が減額されることになる。
(2022年4月1日から減額率が変更されています)

繰上げ支給のデメリット

  • 減額された年金が一生続く
  • 受給後は一切変更ができなくなる
  • 原則、障害基礎年金や寡婦年金の受給権を取得できない
  • 遺族厚生年金が65歳まで受給できない
  • 寡婦年金がもらえなくなる
  • 長期特例、障害者特例が適用されなくなる

老齢基礎年金(1階部分)の繰下げ支給

本来の年金受給年齢は65歳。75歳まで繰下げ受給できる。付加年金も同様です。

  • 繰下げは最大10年月単位で希望できる。
  • 繰下げ支給は1ヶ月あたり0.7%増額できる。

つまり年金受給年額が1年あたり8.4%。最大10年で84%が増額されることになる。
(2022年4月1日以降に70歳になる人からを対象に、最大10年に延長されました)

報酬比例部分と老齢厚生年金(2階部分)の繰上げ受給

老齢厚生年金も同様の仕組みで繰上げ繰下げできる

特別支給(報酬比例部分)の年金を持っている方の場合は、
仮に支給開始年齢が62歳だったとすると、
60歳に繰り上げた場合は2年分の9.6%が減額となる。
ただし、同時に老齢基礎年金も繰り上げられるのがルールなので、
そちらは5年分の24%減額という計算になる。

※加給年金がいっしょに繰り上がることはないので注意

老齢厚生年金(2階部分)の繰下げ支給

老齢厚生年金の受給権を取得(年金をしっかり納めた)人が、受給権取得から1年経つ前にまだ請求していないときは繰下げ支給の申出ができる。

  • 加給年金については増額されないし、待機期間中もらえない。
  • 障害厚生年金や遺族厚生年金は繰下げできない
  • 特別支給の年金は増額されない
  • 在職老齢年金で支給調整されている人は、停止部分は増額に反映されない
  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰下げは、別々に行うことが可能である

外部リンク:日本年金機構

年金の繰上げ繰下げ支給については過去問を控えます。

Wiki技能士

今度から繰上げ支給時の減額率が軽減されて、
繰下げ支給期間が延長したので溜め撃ち可能になりますね。
後溜め前パンチです!(すみません)