住宅ローン|FP1級Wiki

フラット35以外の住宅ローン関係、リ・バース60とすまい給付金について解説します。

リ・バース60

原則、満60歳以上の人を対象にした住宅ローン。
毎月の支払いは利息のみで、元金は利用者が死亡した時に担保物件の売却により返済するか相続人の一括返済になる。
住宅の建設、購入、リフォーム、借換えに利用できる。

すまい給付金

引上げ後の消費税率が適用される住宅を取得する場合、引上げによる負担を軽減するため現金(10~50万円)を給付する制度。1回きりです。

  • 平成26年4月から令和3年12月まで(一部、令和4年12月まで)実施
  • 一定以下の所得者が対象[8%時]収入額の目安が510万円以下[10%時]収入額の目安が775万円以下(こども2人家庭の夫の収入目安)
  • 新築のみならず中古(現行の耐震基準を満たす)も対象
  • 自ら居住する家屋で床面積50㎡
  • 住宅ローンを利用しないなら50歳以上
  • 購入時の消費税が8%か10%であること。
  • 申請期限は、住宅の引渡しを受けてから1年3ヶ月以内

外部リンク:国土交通省すまい給付金サイト

それでは過去問を解いてみましょう。2020年9月試験 学科 問6

すまい給付金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 新築住宅を取得する者がすまい給付金を受け取るためには、当該住宅が人の居住の用に供したことのない住宅であって、工事完了から1年以内のものであり、その床面積が50㎡以上でなければならない。
  2. 住宅ローンを利用せずに住宅を取得する場合、すまい給付金を受け取ることができる住宅取得者は、当該住宅の引渡しを受けた年の12月31日時点の年齢が50歳以上の者に限られる。
  3. すまい給付金の給付額の算定における給付基礎額は、住宅取得者の都道府県民税の所得割額に基づいて決定され、住宅の取得に際して10%の税率による消費税額等を負担している場合、最大50万円である。
  4. すまい給付金を受け取った者が、2022年12月31日までに住宅を買い換えた場合、買い換えた住宅が所定の要件を満たせば、再度、すまい給付金を受け取ることができる。

.

.

.

解答

Wiki技能士

すまい給付金は1回きりの支援制度です。